ライトの家と内装

このブログで取り上げているインテリアは、入れ物(建築構造物)が決まっている中で、家具や内装をどう工夫するか、という点にフォーカスしている。

しかし、家を作ったりリフォームしたりする場合は、建築家に設計してもらうわけだけど、ビフォーアフターのTVのように、建築家も、家の枠組みだけでなくて、壁をどうつくるか、キッチンをどうするか、作りつけの棚や家具をこんな風に工夫しました、というようなあたりまで関わっているのが現状かと思います。

そういう家具込み込みの建築家のスーパースターといえば、フランク・ロイド・ライトで、この方は日本の旧帝国ホテルで有名ですが、一軒家も設計していて、木の質感とか直線な感じなど、ほんとうに素晴らしい家を作っておられるわけです。今回、いつも拝見してるアパートメント・セラピーのサイトで、写真を集めていたので、久しぶりに観賞しました。

Frank Lloyd Wright’s Usonian Houses American Style | Apartment Therapy.

内装の家具なんかも一緒にデザインして、それが素晴らしい。この木の色、チーク?オーク?これも、特徴的。

Pope-Leigheyの家。

Brandes宅。

ウェルツハイマー・ジョンソン宅。

こんな家に住みたい~。

でも、これは、インテリアというより、自分で、「ロイドの真似した家を作って!」というようなことでもしないとね。

壁に本棚とベンチを作るのは、いいなーと思います。

まあ、このサイトで紹介してるAbigailさんなどは、こういう入れ物をさらにどうやって自分らしく住むか、ってところにフォーカスしてるわけですが。今日は建築ものとなりました。

<今日のビンテージ>

$7,500.00

from Olde Good Things

__________________

今日の記事:Frank Lloyd Wright’s Usonian Houses American Style | Apartment Therapy.

オリジナルサイト:アパートメント・セラピー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中