アビゲイルさんのレッスン:ホームパーティのちょっとした工夫

夏なのに涼しい日が続き、夕方あたり涼しいと、屋上でパーティでもやりたくなります。

そんな夏らしい記事があった。

The skinny on entertaining! | Abigail Ahern.

まずは、ライティング。

Photo from abigailahern.wordpress.com/

以前、彼女は、ディナーなら、照明を落として、キャンドルを何個か付ける位のムードを作る努力をせよ!ということを言っていました。

今回の記事では、

大昔、まだ私に暇な時間があった時には、庭の木に、小さいガラスのキャンドルを沢山沢山ぶらさげて、お客が来る前何時間もかけて、10本の木に火をつけてまわったりしていた。

今は、そのかわりに、延長コードで、シャンデリアを木につるしている。来客のときとか特別のときには、すごく素敵な方法です。

この前の記事でも、庭のシャンデリア・ろうそくの写真があった。

シャンデリアは、なんとなくこれまでは、クラシック・ロココ・ベルサイユ系インテリア(以下写真参照。このサイトでは絶対取り上げないだろうスタイル)で人気アイテムで、モダンなインテリアには使わないという風におもってた。

けれども、アビゲイルさんはじめ、このサイトで紹介する家では、モダンなインテリアなど今風のインテリアに、シャンデリアを合わすというのが、結構頻出している。

アビゲイルさんなど、風呂場にシャンデリアを設置していて、毎回頭をぶつけるのよーなどと先日書いていた。寝室にもシャンデリアでしたね。以前の記事。これらのシャンデリアは彼女の所の商品です。

ちょっと脱線するが、先日数回(ここ、やここ)で取り上げた男性雑誌の家特集で、別の男性のパリの倉庫風住居でも、シャンデリア。

以下写真参照(GQ JAPANサイトより)。

アンティークの出物も多い。カジュアルに、こういうの飾るのもカッコいいと思い始めた。

話を記事に戻して・・・

他のこととしては、花や積んできたハーブとかをちょこちょこ方々に飾る。「木の皮が花屋で売ってるので(訳注:売ってます?)、それを花をいけた瓶にひもで巻きつけても、良い感じ。」

Photo from abigailahern.wordpress.com/

そうやって、ちょっと手間をかけることが、ゲストを気にかけていることとなるわけで、おもてなしの心となるわけだということなのです。特別な道具じゃなくて、可愛いヨーグルトのビンをキャンドル入れにつかったり、スレート板(外国の瓦)を皿にしたり、というアイディアも出てきてます。

スレートは、こんなイメージでしょうかね。

それで、商品を探したら、あるようだ。個人的に、いいかも、と思った。

スレート チーズボード スクエア チョーク付 TF583

____________________

今日の記事 :The skinny on entertaining! | Abigail Ahern.

オリジナルサイト Original Site:アビゲイル・アハーン のブログ http://abigailahern.wordpress.com/

image4

広告

アビゲイルさんのレッスン:ホームパーティのちょっとした工夫」への3件のフィードバック

  1. インダストリアルな感じの部屋に,シャンデリアって,シビレます。かっこいい!
    花に関しては、さすが,ガーデニングの国って感じですね!

  2. ピンバック: お宅拝見:ニーザとピエールのオランダのポップなレンガの家 | 海外インテリアブログ紹介

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中