ビフォー&アフター:イギリスの公衆トイレを住居に改装

あまりにインパクトがあるので、紹介。

イギリスの公衆トイレを、自分の住居に改築した、若い建築家さんの記事がありました。

From public loo to private home – Telegraph.

(それを引用した、(いつもお世話になってる)アパートメントセラピーの以下の記事経由です)

Before & After: From Public Restroom to Home Sweet Home The Telegraph | Apartment Therapy.

イギリスの公衆トイレ、それも地下にあります。1980年代まで使われていた公衆トイレ。それ以降、廃墟になっていたのを、建築家であるクラークさんが、粘り強く行政と話し合いを重ねて、何年もかけて住む権利を手に入れたのだそう。そもそもは、バーかなにかを作ろうかと思っていたらしいが・・・景気などの背景もあり、住居に変更。家族や友達には、気が狂ってると思われていたらしいが。

広さは55平米位。地下1Fなので、窓がないが、天井採光出来てるので、明るい。ウナギの寝床の間取りになっていて、居間、キッチン、寝室、あとは地下バルコニーが続く。トイレの名残が、キッチンタイルと、居間の鏡に残っているようだ。

もと、公衆トイレですから、ロケーションは、こんな道の真ん中に門と階段が。面白いですね~

建築家のクラークさん。気持ちが強い人じゃないと、なかなか住めないですね。

(追記)野次馬根性で、どこかGoogleマップでみてみたら・・・

ここに貼れないので、リンク先でご覧下さい。

道端のレストラン前の歩道上(笑)。すごすぎる。たしかに、バーにしたら、話題になりそう。

脇の歩道に、色の違う部分があるじゃないですか。それが天井採光のすりガラス天井部分ですね。公共設備にそんなことしてしまうんだー。この方、根気と根性がハンパじゃないです。

Crystal Palace, Beckenham, UK – Google Maps.

____________________

今日の記事:

アパートメントセラピーの引用記事:

Before & After: From Public Restroom to Home Sweet Home The Telegraph | Apartment Therapy.

その元記事:From public loo to private home – Telegraph.

写真:From public loo to private home: in pictures – Telegraph

クラークさんのブログ(工事過程の写真などのってる):.Crystal Palace Underground Toilets Renovation.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中