アパートメントセラピーでのスタイル改造企画 実施中

いつもお宅拝見の記事を引用しているアパートメントセラピーで、今別に走ってる企画が、「スタイル改造(Style Cure)」というもの。何人かの、実際に自分の部屋を改造する人たちとともに、サイトで、改造の最初から最後まで手取り足取りガイドしましょう、というような企画です。読者も、皆メーリングリストでエントリーして、自分も一緒にやってみても良いようになっている。

1308stylecure

Apartment Therapy’s Style Cure | Apartment Therapy.

予定表が以下のようになっていて、

第1日目:アンケートに答えよう(自分の嗜好を知る)

第2日目:スタイル・ハントに出かけよう(好きなスタイルやインスパイヤされるものの写真を撮って集める)

第3日目:改造する部屋を選ぶ(10分じっと座ってみる。「ビフォー」写真を撮る)

第4日目:家のどこかに「Outboox(中立箱?)」をつくり、改造する部屋のものをここに置いてみる。(一度、部屋と、家具や物の間を断ち切り、物を物としてニュートラルに捉えることを目的に、1週間、物をここに置いておく。という場所を作りましょうということのよう)

第5日目:部屋の間取り図を書いてみる。

第6日目:色について勉強する。

第7日目:部屋の掃除と、ペイントチップ(色見本みたいなもの?)を集めよう。(←今ここ)

今後の予定は以下のようになっている。

image

各記事で、その記事のミッションの細かい指示や、ツールの紹介などとともに、参加モニタが実際やった内容も投稿されている。面白いのは、コメント欄に、読者で一緒にやってみてる人のコメントとか、各参加モニタの部屋や悩みに対するアドバイスなんかが、コメントにびっしり返ってきている。途中からでも、過去記事を見ながら参加できるようになっている。

自分の家は、インテリアと呼べるものですらないのに、人の部屋だと突っ込みが入れられる不思議、なのですが、参加モニタのビフォー写真と、その(自分でつくった)改善案なんかに「それは違うだろー」とか「もっとこうしたら」とか余計なことを思いながら読みつつ、他の人のコメント欄のつっこみなんかも見てると、結構時間が流れてしまい・・・。でも、どの例も、そんなに大改造、じゃなくて、今より少し使いやすくしたいとか、もうちょっと居心地をあげたい、とかそういう改造なので、親近感はあります。

一例として、狭いアパートにお住まいのキムさん夫婦の寝室。みるからに、あまりに殺風景。(日本にも有りがちな部屋ですので、非常に参考になりませんか?)

今、間取り図をつくってるところ。こんな記事にも、外野のコメントがすごい。皆こうしろああしろと言いたい放題。。

さあ、いったいどうなるんでしょうか。

こんなのに、日本からもみなさん参加してみたらどうなんでしょうか・・・。

____________________

今日の記事:Apartment Therapy’s Style Cure | Apartment Therapy.

オリジナルサイト:http://www.apartmenttherapy.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中