お宅拝見:ホテル経営者の無骨・リッチなアンティークの部屋

セルビーのサイトから、男性一人暮らしの、とにかく古びた家具ばかりのアパートです。

男所帯ということで、なんとなく無骨ですし、家具も粗いまま使ってる感じがありますけど、この方、ホテル経営の金持ちさん(SEAN MACPHERSON氏)で、これはニューヨークの彼のお宅を2010年に撮影したものです。家具も、だから、一見素朴っぽいけど、多分一個一個全部高い感じがします。それだけ、全体のインパクトある気がする。

sean macpherson « the selby.

マクファーソンさん(と読むのかな)の近影。若くもないけど、そんなに歳でもなくて、結構イケメン社長です。居間は、カーテンのインドっぽい布が、何とも言えない味を出している。

台所がすごくて、何時代?という感じ。ここに、ジーパンで男子一人暮らしてるイケメン社長。ホテル経営ということで、多分、こういう家具の見立てとかインテリアとか、そういうのは、職業的にいつも接してる人なんだと思われる。

手すりとか絵とかも。机の表面がでこぼこで面白い(でも絶対高い)。

この方、ちょっとググったら、この翌年に、御結婚されていまして(相手もセレブ)、多分この男子感あふれる家あるいは内装は、結婚後は変わってしまってるんでしょうね・・・。

お金持ちなんだけど、入口のこんな黒板とか、結構生活が見えて面白い(リサイクル・木曜、とか書いてますね)。でも、黒板とか小物もいちいちアンティークなので、やっぱそれだけ細かいところまでこだわってる方なんですね、無造作に見えるけど。

セルビーのサイトは、部屋の細かい所とか小物の写真も含めて、沢山写真があるところが面白いので、サイトで写真を見ていただけると良いかと思う。以下のリンクから。

___________________

今日のサイト:sean macpherson « the selby.

The Selby is in your place
http://theselby.com/
image83

広告

お宅拝見:ホテル経営者の無骨・リッチなアンティークの部屋」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ニューヨークのセレブ夫婦の子育て。 | 海外インテリアブログ紹介

  2. ピンバック: ファブリック 壁紙・カーテン デコ事例 | 海外インテリアブログ紹介

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中