お宅拝見:NYの小さいロフト付きワンルーム、住居兼作業場

たまには、超庶民な案件も、ということで、こないだアパートメントセラピーに出てた物件は、ケイさんと彼氏プラスネコ2匹と犬1匹が住む、狭いワンルーム。ケイさんは、脱サラ(?)してジュエリー作りを今はやっておられ、自宅で制作しています(彼女のお店はここ)。

Making the Most of a Tiny Studio | Design*Sponge.

いや、ホントに狭いし、もともと、工場跡で廃屋だった建物をアパートにして貸してるんだそうで、つくりがちょっと変わっているかも。天井がすごい高い。その点はうらやましい。上の写真は、アクセサリ造りの作業場。

そこに、キムさんの彼氏の叔父さんがロフトを作って、寝室をロフトに。(これ、賃貸物件だけど、撤去出来るロフトってことなんでしょうか。)

これだけ天井高ければ、全面ロフトにして2階建てで住めそうだけど、この方だちは、ベッドのサイズに合わせたそうだ。ロフトの下は、カップルの小さいダイニングスペース。カーテンの後ろは、クロゼットと収納。バスルームとキッチンは、別にある。

ロフトでも天井がまだ十分ある。

あとは、もう下の写真が、部屋全景すべて。ソファの手前に作業デスクがある。

狭いし、インテリアは別にそんなに特別でもないけど、若いカップルが家賃の高いNYで小さい所に工夫して住んで、頑張ってる感じがします。それでも、旅のお土産のラグやファブリックを、クッションにしたり壁に飾ったり、それぞれの物には、全部何か思い出があるようです。まだまだ若い人が、自分の集めた気に入りの物を増える度に一つ一つ飾っていって、部屋に自分らしさとか居心地の良さを出してるんだなーと。まだスタートしたてのこの位の感じなら、ゼロからの出発の私なども、ちょっと真似してやる気になるかな、と思ったりしました。

彼女も、サイトで、一言。

「自分の家で一番好きな所は、家が自分達と一緒に成長するところ。」

とおっしゃっておられます。

個人的には、2匹のネコの名前が「Chopstick(=箸)」と「Sushi(寿司)」っていうのが、ちょっと笑えた。

(このサイトでは、元のサイトの写真の一部のみ乗っけているので、元サイトで他の写真も見てみて頂ければ)

____________________

今日の記事:Making the Most of a Tiny Studio | Design*Sponge.

オリジナルサイト:sneak peeks | Design*Sponge.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中