お宅拝見:サンフランシスコのサリーさん夫婦のお宅(一部ダークな事例)

お宅拝見も、特記事項なくても、流して紹介すると宣言したので、今日のなんかはまあふつうのお宅ですが。住んでる感じがするっていうのは、英語では「lived-in」な感じがする、と言うようですが、普通ながらもlived-in感が漂う人間味のあるお宅。

A Warm SF Home with a Rock ‘n Roll Twist | Design*Sponge.

居間は下の写真の部屋らしい。ちょっとまとまりがないみたいだけど、ソファが変わってる。70年代に親が買ったのを引き継いだみたい(そんなにソファって長持ちするんだーと驚き)だけど、壁をソファの中の色一色取って塗ってることで、ソファがすごい引き立ってる。また、本棚の中を黒く塗ったので、置いてある本や置物が浮き上がる効果に。ソファ上の壁は、これからアートを掛けるんだそうで、そしたら大分良くなりそう。

寝室は、ダークに。

部屋の別の壁。白い天井と、重厚なラグとも合う。

ダークな壁は、とにかく、小さいスペースも絵を描けるとカッコいい。

<今日の小ネタ: IKEAの掘り出し物>

同じサイトの別の記事で、Kerry Joyceというインテリアデザイナーのおじさん(有名なのか?知らないけど)が、インタビューに答えてる中で、好きな大型店としてIKEAと言っていて、中には掘り出し物がある、といってお勧めしているのが、以下のテーブル。確かに、銘柄知らなきゃ、北欧かアーリーなんとか風かも。激安ではないですね。

STOCKHOLM   テーブル, ウォールナット材突き板  ¥ 69,900

 

時間が無い時、こんな単なる紹介も、やってゆきます(最初のころはこんなものだったな、そういえば。最近しゃべりすぎ。)

____________________

今日の記事:A Warm SF Home with a Rock ‘n Roll Twist | Design*Sponge.

(このサイトでは、元のサイトの写真の一部のみ乗っけているので、元サイトで他の写真も見てみて頂ければ)

オリジナルサイト:sneak peeks | Design*Sponge.

http://www.designsponge.com/category/sneak-peeks

広告

お宅拝見:サンフランシスコのサリーさん夫婦のお宅(一部ダークな事例)」への2件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見しております。
    先日のダイニングにラグを敷くべきか?の記事も面白かったですが、今回紹介されているお宅のようにリビングや階段の踊り場(?)にラグを敷くのも気になっています。というのも私はラグを敷くと掃除するのが大変、ラグ無しかカーペットの方が掃除機かけやすいじゃ~ん、なんて思ってしまうのです。でもラグを敷くほうが断然お洒落に見えますね。
    あと壁の色!以前にもダークグレーの壁のお部屋が紹介されていましたね。グレーの壁って素敵。絵やフレーム入り写真が生える色ですねえ!

    • そうですよね~土足文化、分からないところがまだ多いです。最後は「割り切り」なのかな~?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中