お宅拝見:目の保養。インダストリアル・家具デザイナーの作った自宅。

今日のお宅のマルコさんは、工業デザイン系の家具の会社を経営する方で、フラメンコダンサーの超美人な奥さまと赤ちゃんの3人で住んでいる自宅です。

Marco & Ilse’s Gothic Industrial Loft House Tour | Apartment Therapy.

最初見た時は「何だこの凄さは!」というような独自のカッコよさで驚きましたが、それもその、マルコさんの会社は、メタリックな工業テイストを家の家具に持ち込んだ、メタルと木を組み合わせたりした独自のデザインの家具を作っている。当然おかかえの工場をもってるんだろうし、家の枠や内装もそのテイストを取り込んで自分で加工・施工してるということになります。すごい家だわ~。欲しい・・・  家は、細長い間取りで、3階か4階あるようだ。ここがリビングにあたる階。

基本、工業っぽいメタリック感を多用しつつ、ドアはアンティークの木のものを使ったり、奥のアーチの窓枠も古い物をはめ込んだらしい。家具なんかも、天井、照明など、皆工業っぽいテイストのものだが、それにクラシックな家具のビロードや革の質感をミックス。物なんかも、皆、面白いものを置いてあるけど、統一感ある。真っ先に目につく、右上のロフト部分は、これも恐らく、自社で金属加工したんでしょう。階段も金属階段に、すかし模様をデザインしているようだ。上は書庫のようになっている。奥は奥さんの裁縫部屋。

最初の写真の奥の窓の脇は、オフィスコーナーになっていて・・・デスクはサス張りのメタリック。それに、このタペストリーと窓。

家の構造的には、日本でも、こういう縦長長方形の3階以上の家って、ありがちだけど・・・。

昨日の記事でも、金属加工やさんに特注品を色々発注して、家の造作や家具をつくっていました。今日の人は自分でそれが出来るわけなのですけど。マルコの会社の家具って、こんなの(これは、自宅のダイニングテーブル)。椅子もテーブルも。マルコの会社のサイトで、家具類はもっとみられる。

今日の家は、惚れた。もう、私が家を建てる時は、マルコに頼む、と決めました。マルコ、さすが出来る男は、美人の奥さんをゲットできるんだな~プロのフラメンコダンサーですよ!!! この髪!!

元のサイトでは、もっと沢山写真があります。どれも舐めるようにみたい位面白く美しいので、是非元サイトでご覧ください。

____________________

今日の記事:Marco & Ilse’s Gothic Industrial Loft House Tour | Apartment Therapy.

アパートメント・セラピー:おうちツアー Tours | Apartment Therapy.

ほかの写真は、サイトのEnter House Tour というオレンジのリンクから。

広告

お宅拝見:目の保養。インダストリアル・家具デザイナーの作った自宅。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 自分の趣味を知る。インダストリアル好きか? | 海外インテリアブログ紹介

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中