お宅拝見:山岳地帯コロラド大学の女子がシェアするロフト倉庫部屋

倉庫系、ロフト系の住居、っていうジャンルは、個人的には非常に興味があって、最終的には、倉庫みたいなところに住んでみたい、っていう(ホントに単なるイメージ的な)願望がある。これは、一部の男子系と共有する願望なのかな、と思うけれども。むき出し配管とか、打ちっぱなしで柱がない、とか、天井が異様に高いとか。

今日のお宅も、住人が可愛いということ(だけ)ではなく、入れ物がロフト・倉庫っぽくて良いな、と思ったので、取り上げています。

Alexandra & Christine’s East Meets West House Tour | Apartment Therapy.

二人ともコロラド大学の友達同士。一人は裸足、一人は靴、なんだ。(と変な所が気になる私)。賃貸で、この家を借りている。

あまり説明はないのだけど、見た所、倉庫みたいな家で、レンガの壁はあるけど、梁は鉄骨、天井とかロフト部分は金属で作ったそのままむき出し、のような感じになっている、変わった住居です。キッチン、バスはついているようだ。

ロフト部分は、一人の寝室に。1Fは、ネイチャー系のテイスト(この場合は、角とか羽とか木とか、そういうネイチャー系オブジェが多いという意味)で、お金がないけど、若々しく楽しんで飾り付けてるって感じが好感度はあります。ラグで遊んでいる、と言うあたりが、本人らの工夫点だそう。

構造的な興味でゆくと、ロフトへの階段。部屋のロフト部分って、やっぱり梯子だと、結局使わなくなってしまうので、無理目にも階段を付けた方が活用できる。

バーコーナ兼お茶コーナー。ここにある日本のお茶は、何だ?たべるっ茶?

ロフトは、見た目ワイルドでかっこ良くみえても、実際住むには、家の断熱が悪いので寒さ暑さに弱い、とか、普通倉庫物件は住居使用を想定してないため、風呂キッチンはついてないので自力で解決しないといけない、とか、色々超えないといけないハードルがあるので、簡単ではない。しかし、たまにそういう不動産物件を見ると、食い入るように見て妄想モードに入ってしまう私です。

ロフト住宅の究極といえば、個人的には、ジャンジャック・べネックス監督の映画、DIVA(ディーバ)の主人公ジュール君の住むロフト、を挙げてしまいます。

ディーバ (映画) – Wikipedia.

ストーリーは郵便配達のジュール君はオペラお宅で、好きなオペラ歌手のコンサートを密かにハイテク・メカで録音して聞くのが趣味。しかし、それが元で,色んな人に追っかけられる、という、一応サスペンス映画。彼が住んでるのが、ロフト住居の王道みたいな所。これは、あくまで映画セットでしょうが、こんなすごい感じで住んでみたい、という個人的な憧れが。

フランス系の名作。サントラも良い。

____________________

今日の記事:Alexandra & Christine’s East Meets West House Tour | Apartment Therapy.

(このサイトでは、元のサイトの写真の一部のみ乗っけているので、元サイトで他の写真も見てみて頂ければ)

アパートメント・セラピー:おうちツアー

Tours | Apartment Therapy.

ほかの写真は、サイトのEnter House Tour というオレンジのリンクから。

広告

お宅拝見:山岳地帯コロラド大学の女子がシェアするロフト倉庫部屋」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中