お宅拝見:セルビーのサイトから。エスティー・ローダー社長の過剰系な部屋。

久しぶりにセルビーのサイトの、セルビーらしいカオスな物件、と思ったが、今日のは、一言で言うと「ギラギラしたおじさん」っぽい部屋とでもいうか、好みが分かれる所かもしれない。私もさすがに、今日のは思考停止な状態。でも、みる分には面白いかも。

John Demsey – Group President Estee Lauder at home in New York City « the selby.

グローバル・コスメ会社エスティ・ローダーのGroup Presidentの、デムジー氏のお宅のようだ。なぜ、そんなエスタブリッシュされたビジネスマンが、セルビーなぞのサイトに登場するのか・・・それはわかりません。

壁一面のセレブの白黒写真は、コレクションしてるようだ。そのほかにも、このインテリア業界で有名な顔皿シリーズをとにかく膨大にコレクション(この写真以外にも、アリとあらゆる所に)。しかし、掛け方、雑・・・!

赤いコーナー、青いコーナー、白黒のコーナーなど。色は各種。とにかく、モノは至る処溢れかえっている。

この人は、多分、変なモノや変わったデザインのモノがあると、買わずにはいられない性分なんじゃないかと思う。そして買ったものを全て並べまくっているような。確かに、たまに、「こんな変わったデザインは、今買わなければ、もう2度と再会できないだろう」みたいな思いになることってある。以前、キティちゃんのパンケーキ焼き器(キティーの形にパンケーキが焼ける、という家電製品)を見たときは、ここまでやる商品は2度とないと、キティらーでもないのに、思わず買いそうになったことがある(今なら、変なモノは、常に新しく出現するから、買わないでも、店頭での一瞬の出会いを楽しむだけでいいのだ、と悟っているが)。

 (こんな感じ。もっとデザインが無駄がなかった気が)

一つ、感心するのは、この部屋、多分仕事用来客対応部屋みたいな用途なのだろうけど、そんなに広い部屋じゃない。普通はソファでもワンセットおけば、満杯になる位の広さ。この中に、この方、椅子やら小机やらを置いて、何個も、独立コーナーを作ってる。(最初の写真の俯瞰図が下)。それぞれの椅子にクッションを並べて、どの隅っこにもちょこっと腰かけてみたくなるような。モノに囲まれて、なんか穴倉風の居心地の良さはあるかも。そういう、狭い部屋でも、さらに一個追加してミニコーナーを作るっていうお手本としては面白い。椅子とクッションとサイドテーブルと、モノや絵で飾って。

____________________

今日のサイト:John Demsey – Group President Estee Lauder at home in New York City « the selby.

The Selby is in your place
http://theselby.com/
image83

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中