アビゲイル・レッスン:自分のスタイルのDNAを見つけるには。

アビゲイルも香港旅行から帰ってきて、またブログが再開しています。香港は暑くて、いまいちだったようですが、またインテリア関係でアジアネタが出てくると面白いな、と思います(まだないようだ)。その間、新しいペンキの売れ行きも好調らしいし。

Figuring out your style DNA? | Abigail Ahern.

この昨日の記事では、素敵な写真が出ていたので紹介しますが、記事の内容は、自分のスタイルはこれだ!というのをどうやって見つけるのか、という話。

続きを読む

アビゲイルのブログ、今年最後の投稿

これからクリスマス準備とその後ヴァケーションということで、今日がアビゲイルの年内投稿最後だそうです。 読者向けメッセージになっているので、間接的にでもアビゲイルのブログの読者とも言える皆さんにも、そのままお送りします(この植物の写真も彼女のチョイス)。出来れば英文で読んでみてほしい。

 Happy Christmas | Abigail Ahern.

続きを読む

お宅拝見:姉妹の住むスッキリした部屋

今日のは、アパートメントセラピーから、こういう所に出てくる案件の中では比較的、物の少ない、スッキリした白いお部屋です。そういう意味で、日本向けかな、と言う気が。姉妹で住んでいる100平米程度ということで、広めだけど、物が少ない。4年住んでるらしいので、すっきり、が好きな方なのでしょう。この姉妹は、この部屋を古いまま買って、ほとんど自分らでデザイン・設計してリフォームしたらしい(施工は業者)。

Antonia and Cinzia’s Calming Casa in Notting Hill House Tour | Apartment Therapy.

続きを読む

アビゲイル・レッスン:カラー・トリック

おとといのアビゲイルの記事から。色について。

”色は、上手く使えば気分も持ち上がるけれど、間違えると逃げ出したくなるもの。可能性も無限だけれども、皆好みも違う。でも、上手く色を使うトリックは幾つかある。”

Colour Tricks | Abigail Ahern.

続きを読む

アビゲイル自宅の部屋デコレーションの進化

昨日の記事で、アパートメントセラピーの部屋改造企画のことをとりあげて、今なんとなく気に入らない部屋を、手直しする、というプロセスをサイトで追跡・サポートする企画です、ということを書きました。

これって、結構チャンスがないことで、今ある部屋をみて「素敵ね~」と思うことはあっても、それが実際どうやってそこに至ったか、というのを見るチャンスは無い。パッとゼロから、素敵なものが出来上がるわけでは多分なくて、試行錯誤とかコツコツ改良とか、そういう積み重ねが実際はあるわけでしょうが、つい結果をみて「こんなの自分には無理」と思ってしまう。

ちょうど、そしたら、一昨日くらい、アビゲイルさんのサイトで、彼女自身の部屋の、デコレーションの変遷の写真を紹介してあって、ああいうプロの方でも、自分の家をさらにより良く、居心地よく、と改善されるのだなーと感心したのでした。

Rooms in progression | Abigail Ahern.

続きを読む

Abigailさんのレッスン:小Spaceの工夫。

Space matters – guest post by Abigail AhernRated People Blog.

Abigailさんが他サイトに投稿した教育的記事です。

特に小さいスペースを飾る際の考え方をまとめてくれています。途中、白いインテリア嫌いの、アビゲイル節も出てきますが。

「You may not be able to change the physical dimensions of your pad but you absolutely can change the perception of a room’s size.=部屋の実際の寸法は変えられないけれど、部屋のサイズの感じ方は変えられる」とのことです。

まず最初に、オープンな間取りの部屋から。このタイプの部屋は、何とも無味乾燥なものになりがちで、非常に難しい。私のコツの一つは、オープン間取りを、もともとあった壁を戻したすがたを想像してみること。それで、動線を考えたり、エリアの区分けやそれぞれの区分の目的を考える助けになる。

オープン間取りを居心地よくするには、テキスチャー(質感)を取り込むこと。ラグ、掛け布、違う質感の表面など。質感は、パターンなどと違って、いくら沢山取り込んでも、沢山すぎることはない。だから、ベルベットのソファに、ウールのクッション、あるいは絹や革のクッションなど。ラグも、沢山沢山使うのが私の良く使う手だけれども、色味は限る。

続きを読む